レッスン内容や教室の情報はこちらから(^^)

【楽天証券ジュニアNISA】親の口座からの入金する方法 エラー多数です!!

Hello! 主婦投資家のユキ先生です。

今回は、楽天証券のジュニアNISAの親の口座からの入金方法についてです。

「エラーが多いです」

と楽天証券も注意をするように書いてはあるのですが、なにせ分かりにくい。

私も失敗してしまいました💦

失敗すると組み戻しと言って、再度自分の口座にお金を戻してもらうことになります。

手数料もかかってきますので、失敗しないようにしましょうね(^o^)/

ジュニアNISA入金に入金するまでの大まかな流れ

① 親名義の銀行口座に入金(提携先)
    ↓
② 子どもの総合証券口座に入金
    ↓
③ 子どものジュニアNISA口座に入金

この3つのステップを頭に入れておいてください。

子どものジュニアNISA口座に一発で入金できない仕組みになっています。

子どもの総合口座への入金の指示の仕方

入金の方法は2つあります。

1つ目は、親の銀行口座から入金する方法
2つ目は、子ども自身の銀行口座から入金する方法

詳しく見ていきましょう!

親名義の銀行口座から入金する方法

エラー多数です!よく読んでくださいね!!!

手順1 親名義の銀行口座にお金を入れておく。

入れておくだけで、絶対にここから振り込みをしてはいけません。

普通なら、銀行から送りたい口座に振り込むので、つい振り込んじゃうんですが、

ここはぐっと我慢をして銀行での操作はしないように!!

手順2 子どもの証券総合口座のマイメニューから入金する

提携している銀行を選択して金額を入力します。

すると、子供本人の口座から入金か、親の口座から入金するか選択する画面になります。

親の口座を選択すると、親の銀行口座に飛びますので、ログインして操作を続けましょう。

これで、親の銀行口座から子どもの証券総合口座への入金ができます。

手順3 子どもの総合口座からジュニアNISA口座に振り替える

子どもの証券総合口座のマイメニューから「ジュニアNISA口座振替」をクリック。

払い出し制限の画面が出てきますので、それを閉じて操作を進めます。

ふり返る金額を入力して、進めていけば大丈夫です。

エラーの原因は?

銀行から振り込むときには名義が同じでないといけないから。

親の口座から子どもの証券口座に振り込む場合にエラーが発生します。

子どもと親の口座名義が一致しないので受け取ってもらえません。

証券会社に親が振り込んだことを伝えても、絶対に子どもの総合口座に入金してくれません。

その時は「組戻し」になります。

もう一度元の親の口座に戻す作業です。
一件880円かかります。

振込元と振込先の名前が同じということがポイントです!

これを回避するためには、子供の総合証券口座の画面から入金指示をすることです。

まとめ

エラーを防ぐには、

子どもの総合証券口座のマイメニューから入金する

これだけを頭に入れておけば大丈夫です。

組み戻しにならないように、くれぐれもお気を付けくださいね(^o^)/

LINEでお友達になってね♪

LINEでは、
講座の先行案内やブログに書けない投資のあれこれを配信しています(^^)

✧♡無料プレゼント中✧♡
●『絶対できる!1ヶ月EXCEL家計簿&帳簿』
●『夢が叶う♡ライフイベントシート』

お金
ユキ先生をフォローする
小さな英語教室の先生ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました